パワーストーンやブレスレットを自作する方法 CIRCLE STONE

パワーストーンやブレスレットを自作する方法

パワーストーンやブレスレットを自作する場合の難易度は、石を通す針金や紐、シリコン製のゴムによって大きく変わります。 このため初めて自作する場合は、難易度が低いシリコン製のゴムを使用する事をお勧めします。

作り方は、まずパワーストーン又はブレスレット、シリコン製のゴム、ハサミを準備します。 この時太すぎるシリコン製のゴムは避ける必要があります。 これは、石の大きさによって穴の太さが違うためです。 次に、シリコン製のゴムの端をクリップなどで固定し石を通していきます。 固定する理由は、石を通している時の落下を防ぐためです。 また、クリップで固定しながら作業することで楽に通す事ができます。 何種類かの石を組み合わせて作成する場合は色合いなどを考えて通す事が大切です。 そして、石を全て通し終わったらゴムを結びます。 一番簡単でほどけにくい結び方は両端を束ねて結ぶ方法です。 しかし、結び方がきつすぎると切れてしまう事もあります。 また、隙間ができると緩くなってしまうため注意が必要です。 そして、ゴムを引っ張り結び目を石の穴の中に隠します。 この時、ゴムが太すぎると石の中に入れる事ができません。 無理矢理入れようとすると壊れてしまいます。 そのため、入らない場合は細いゴムで作り直す事をお勧めします。

このように、パワーストーンやブレスレットは簡単に作る事ができます。 インターネットなどでは様々な手作りセットが販売されているため自分の好みに合わせて選ぶ事ができます。 また、自分の好きな石を組み合わせてデザインする事もできます。 そして、一粒一粒心を込めて丁寧に愛情を込めて作る事ができます。 このため、自分だけのオリジナルが完成し宝物になります。 また、大切な人へのプレゼントとしても最適です。 自作する事によって世界で1つしかない贈り物になります。 このため、相手はとても喜ばれると思います。 パワーストーンやブレスレットを一度作ってみる事をお勧めします。

パワーストーンを効果で探す

パワーストーンを名前で探す

パワーストーン アイテムを探す

パワーストーン 体験談

パワーストーン その他

ページのトップへ戻る